小さな野原にようこそ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

お越し頂きありがとうございます。 これからも応援よろしくお願いします。 blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
0
    - - -
    天空の城 秋野不矩美術館
    JUGEMテーマ:美術鑑賞

    こんにちは、だいぶご無沙汰してしまいました。
    皆さんお変わりございませんでしたか?

    我が家では息子の仕事があったので、連休前半にちょっと近場にお出かけし、後半はテレビで各地の混みようを横目で見ながらテレビ三昧でした。
    最近は、ベランダのバラやクレマチス、ご近所のバラが気になり
    毎日そわそわ
    ベランダで何をするわけでもなく、
    去年買ったスーヴニール ドュ ドクター ジャメイン(長い)と
    ハニーキャラメルがブラインド気味なのか
    蕾が見当たらずどうした物かと悩んだり...

    さて、花の事となるとお話したいことは山ほどなんですが
    その前に、連休前半に行った美術館のお話し。
    秋野不矩(アキノ フク)美術館です。
    建物好きの私。ツボです(笑)



    秋野不矩さんの絵は去年京都の京都文化博物館で行われた
    京都にゆかりのある日本画家の展覧会で見て以来です。
    過去記事:夏の京都3



    天空の城のような建物は**藤森照信氏設計で、日本三大美林の地元の天竜杉を使い、わらを含ませた漆喰の壁、藤ござの敷き詰められた展示室と、白い大理石の敷き詰められた展示室があり、美術館自体が美しい造形物そのものです。
    **Wikipedia藤森照信



    丘の上の建物に向かう坂道は、擁壁のコンクリートには天竜杉の板を貼り付け、側溝にも板で蓋をし、木の柵と木製の電柱に傘の付いた白熱灯と、心憎いまでに懐かしい風景をかもし出しています。




    坂を登りきってカメラを構えると、おばあさんがひとりで鑑賞に訪れていました。
    中に入ると落ち着いた夫婦連れが何組かいました。
    靴を脱いで、スリッパに履き替えます。
    展示室へはスリッパも脱いで行きます。

    今回は、奥村厚一(おくむらこういち、明治37〜昭和49)の企画展で、40点の作品と秋野不矩の作品7点が展示されていました。
    奥村氏は、第2回日展出品作の「浄晨」(昭和21/1946年)で特選を受賞。昭和 23年に上村松篁や山本丘人、秋野不矩ら13人で創造美術(現・創画会)を創立しています。自然を形象化した美しい作品が数多くあります。
     


    < 林道 >



    < 雪庭 >



    < 松蔭雨日 >


     
    < 秋野不矩の作品 >
    パンフレットを写したので、きれいじゃないですね
    スキャナで読み取ればよかったな...

    それから、これも。
     
    京都にいる長男の子供の頃にそっくり。

    ここへのアクセスは、新東名 浜松浜北ICを北に
    5キロほど上ったところです。
    ICからは車で10分弱で着きます。
    我が家からは、1時間弱で着いてしまいます。




    美術館横で咲いていたヤブデマリ



    何気ない花も ここでは... 




    お越し頂きありがとうございます。 これからも応援よろしくお願いします。 blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
    0
      アートシーン&ガーデン comments(4) trackbacks(0)
      スポンサーサイト
      お越し頂きありがとうございます。 これからも応援よろしくお願いします。 blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
      0
        - - -
        Comment








        **びーべばいさん、こんにちは〜
        さむいですよね〜

        ここの美術館はかねてから行きたいと思っていたんですが、
        山奥で遠いので主人にも言えずにいたんです。
        それが新東名のおかげで、すごく楽に行けるようになったんですよ。
        きっと夏の暑い時期の避暑にもいいところですよ
        新東名のおかげでまた楽しいお出かけが出来そうです。

        >また 詳しく教えてくださいね(^_-)-☆
        そうか〜久々に遊びに伺わなきゃだわ へへ
        from. mikan | 2012/05/12 17:26 |
        わぁ〜(*^。^*)
        さすが mikanさん!
        素敵な美術館をご存知ですね!!
        静かなたたずまい、 建築に全く詳しくない私ですが 興味あります。
        また 詳しく教えてくださいね(^_-)-☆
        from. びーべばい | 2012/05/12 15:58 |
        **みーさん、おはようございます

        いつもコメントありがとうございます。
        ここは山間部の小さな美術館ですが、
        地域の方たちが大切に管理されているのでしょうか
        とってもきれいに整備されて気持ちのいい空間でしたよ。
        山の中なので、森林浴も一緒に出来るところでした。
        この美術館からさらに上流に行くと、
        もっと外国みたいな風景が広がっていて、
        湖?(実際は天竜川)があり、ボート遊びをしている人が
        たくさんいて、大きなつり橋、天竜杉も美しい場所があるんです。
        いいとっころですよ〜〜^^

        この花、ヒメシオンか、ハルシオンかでしょうね
        ビオラやアネモネも咲いていましたが、
        ここは野の花が似合いますね。

        バラ褒めていただいてありがとう〜
        このあと、まだどのバラも咲いてこなくって
        ちょっとじれったく思ってます。

        ガーデンフィールズはみーさん良く行かれるんですよね
        いつも楽しく記事見させていただいてます。
        この時はバラの時期には早いので、どんなだろうと思っていたんですが、素晴らしかったですね
        どの時期も期待を裏切らないガーデンですよね〜〜
        また行きたい!!
        from. mikan | 2012/05/11 10:10 |
        ほんと、天空の城のような建築ですね。
        4枚目、外国みたい・・・。
        いい絵を見て来られましたね。
        お花も素敵!
        ピンクのお花、可愛いですね。

        ↓アイスバーグ、綺麗〜!
        ガーデンフィールズ、モッコウバラの満開の時に来られたのですね。
        素晴らしい〜!
        from. みー | 2012/05/10 23:23 |
        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://noharano.jugem.jp/trackback/397
        << NEW | TOP | OLD>>